注文住宅 予算の決め方

あるハウスメーカーの話に乗り危うく住宅ローン地獄に堕ちかけた私の危機一髪の体験談!

>>私はこうして700万円も得することができました!

注文住宅 予算の決め方

注文住宅 予算の決め方の解説

 

注文住宅の予算の決め方について説明します。
当サイトのオリジナルシミュレーターを利用して、注文住宅の予算をモデルケースでシミュレーションを行いながら、注文住宅の予算の決め方を体験できます。


 

注文住宅でこれから新築一戸建ての家づくりを始めようと考える人が、もっとも気になるのは建築費用でしょう。

 

「家族みんなの理想を叶える家を建てたい」とか、「人が羨むような素敵な家をたてたい」というような希望があっても、その希望を叶えられるかどうかは、お金しだいとなります。

 

中には「お金はいくらかけてもいいから理想のマイホームにしたい」という方もおられるかもしれませんが、まれなケースといっていいでしょう。

 

ほとんどの方はある程度限られたお金の範囲で家づくりを進めます。

 

つまり、予算です。

 

しっかりとした予算を組んで家づくりを進めることは、失敗しない家づくりの秘訣のひとつですから、大変重要なことです。

 

・・・ということは、ここであえて書かなくてもご承知のこととは思います。

 

とはいえ、実際に注文住宅の予算のことを検討してみると、意外とうまく進められないと感じませんか?

 

ここでは、注文住宅の予算の決め方について、シミュレーターを使用したシミュレーションをモデルケースを設定して解説していきたいと思います。

注文住宅の予算検討がうまく進まない理由とは

注文住宅は、自由設計ですから建売住宅のように「はい!こちらがお値段です!」というような購入価格が分かりません。

 

坪単価という1坪あたりの単価を目安にするという方法もあるのですが、坪単価の相場も注文住宅会社によって、大きく違いますし、かなりざっくりとした費用計算しかできません。

 

結局、「建築費用っていったいいくら必要なんだろう?」ということで、予算が組めないとなってしまいます。

 

しかし、実はこの考え方にこそ予算が立てられない原因があるんです。

 

これから説明することは注文住宅で家を建てる場合において、しっかりと理解してほしいことですから、ぜひお読みください。

 

注文住宅は家を買うのではなく、家を作ること

 

私たちは、ふだん買い物をするときは、ほとんどが、その価格に対してお金を支払う行為を行います。

 

そのため、何かを買うときは、そのモノに対してお金を払うことが日常化して慣れてしまっています。

 

ところが、注文住宅で家を建てるということは、なにもないところからモノを作ってもらい、それに対してお金を払うことになります。

 

これをスムーズに実現するためには、本来ならば、
「これだけの費用の範囲(予算内)で、家を建てる」
というダンドリで進めることが望ましいのですが、このようなダンドリに慣れていない私達は、
「これだけの費用がかかるから、お金をいくら用意する」
という順番になってしまいがちです。

 

つまり、モノを購入するときと同じ感覚で家づくりを考えてしまうことになってしまうわけです。

 

このような順番の場合、「これだけの費用がかかるから、お金をいくら用意する」というところから具体的な予算を決めていくことになるため、例えば住宅ローンの借入れについてもそこから検討が始まることになります。

 

建築費用の見積りが出され、自己資金(頭金)で足りない分を住宅ローンの融資に頼ることになり借入れ額を検討することになります。

 

そうなるとありがちなことは、住宅ローンの借り過ぎによる家づくりの失敗です。

 

そもそも予算の範囲をしっかりと決めていないため、住宅ローンを借りられるだけ借りるという方に向かってしまいがちになるわけです。

 

そのようなことにならないようにするためには、「これだけの費用の範囲(予算内)で、家を建てる」という予算の決め方から進めることが望ましいです。

 

注文住宅の予算検討がうまく進まない理由

 

少し理解しにくいことかもしれませんがいかがでしょう?

 

「なんとなく分かるけど、実際に予算を組むとなるとどうすればいいのかよく分からない。注文住宅の予算の決め方ってあるの?」という方もおられると思います。


大丈夫です。
注文住宅の予算の決め方について、当サイトのオリジナルシミュレーターを使用して、モデルケースを例にした実例のシミュレーションを見ながら解説していきますので心配ありません。

 

注文住宅の予算の決め方の実例のシミュレーションを参考にしていただき、ご自身の条件に合ったシミュレーションを行っていただければ、予算検討もスムーズに進むと思います。

当サイトのオリジナルシミュレーターについて

注文住宅の予算を組むためには、年収や頭金、住宅ローンの借入金利、借入れ額や返済期間など様々な視点から、建築費用を試算してみることが重要です。

 

そのためには、それらの項目を観点としたシミュレーションを行うことができれば、予算検討がやりやすくなりますね。

 

ネットが発達した現代ですから、そのようなシミュレーションができるサイトがないか私も探してみましたが、結局見つけることができませんでした。

 

例えば、住宅ローンのシミュレーションができるサイトは、金融関係のホームページなどでいくつか存在しています。

 

それらのサイトは、予算検討するにあたって便利ではあるのですが、何か物足りなさを感じずにはいられませんでした。

 

「もっと簡単に、もっと分かりやすい、予算計画に役立つシミュレーターを作ろう」という思いで作成したのが、当サイトのシミュレーターです。

 

ここでは、そのシミュレーターを使った注文住宅の予算の決め方をご紹介していきたいと思います。

 

注文住宅 予算額別の資金計画の立て方

注文住宅の家づくりで後悔したくない方へ

注文住宅 成功体験談

 

注文住宅で危うく大損するところから、大逆転できた体験談!

>>ほぼ同じ家なのに700万円安く建てることができた理由とは?

注文住宅 予算の決め方記事一覧

家を建てる予算の決め方を分りやすく説明します。家を建てる時にしっかりとした予算を組むことの重要性は、家づくりを始める方なら誰もが理解していることです。でも、予算の決め方が分らず苦労している方も多いのも事実です。もし、あなたもそんな苦労をされているとしたら、ぜひご覧ください。当サイトオリジナルのシミュ...

注文住宅の家づくりで、建築予算を設定した場合の資金計画の立て方を説明するカテゴリーページです。当サイトのオリジナルシミュレーターを使用した、シミュレーションをモデルケースで実例で解説します。

注文住宅の家づくりで、年収と住宅ローン返済負担率を設定した場合の資金計画の立て方を説明するカテゴリーです。当サイトのオリジナルシミュレーターを使用した、シミュレーションをモデルケースで実例で解説します。

当サイトのオリジナルシミュレーターを使用して、年収別に住宅ローンをシミュレーションしてみました。住宅ローンの月々の返済額から借入れ可能額と返済負担率を算出して比較検討します。借入れ可能額と頭金から総予算を計算し、注文住宅の建築費用の資金計画をシミュレーションします。