あるハウスメーカーの話に乗り危うく住宅ローン地獄に堕ちかけました!

体験談 >>私はこうして700万円も得することができました!

住宅ローンの金利を抑える方法とは?|住宅資金計画セミナー参加体験記

住宅資金計画セミナー参加体験記

前回の「消費税の増税よりも、実は怖い住宅ローンの金利」でお伝えしたことで、住宅ローンは、たった0.数%の違いでも、利息の総支払額は大きく変わるということが、ご理解いただけると思います。
⇒ 消費税の増税よりも、実は怖い住宅ローンの金利
ちなみに、住宅ローンの毎月の返済額についても、比較してみることにしましょう。

住宅ローンの金利の違いは、毎月の返済額にどう影響する?

※住宅ローンで2,000万円を借り入れして、返済期間を35年にした場合(元利金等返済)

利率 毎月の返済額 前の返済額との差額
1.0% 56,457円
1.5% 61,236円 4,779円
2.0% 66,252円 5,016円
2.5% 71,499円 5,247円
3.0% 76,970円 5,471円


金利が1.0%(5,6457円)では、毎月の返済額が5万円代なのに対し、3.0%(7,6970円)の場合には、毎月の返済額が7万円代後半になってしまいます。
その差額は、2,0513円で、2万円以上の差となってしまいます。
このように、数パーセントの違いによる金利で、毎月の返済額に大きな影響を及ぼすのが住宅ローンの金利です。
お金を貸してもらうわけですから、その分の利息を払うのは当然ですが、それが、たった数パーセントの金利の違いで、家計に大きく影響することになるのですから、金利についてはしっかりと考えたいものです。

金利が有利な金融機関や住宅ローンのタイプを選ぶ方法

住宅ローンで、どの金融機関から、どのタイプの住宅ローンを組むのが、自分にとって最も適しているかを知る方法としては、プロのファイナンシャルプランナー(FP)に相談してみることをおすすめします。

FPは、自分の住まいに近いところ(地元)で活動しているFPがおすすめです。
その理由は、すぐに相談できることと、地元の金融機関の事情や状況をよく把握しているからです。
ほとんどのFPは、初回の相談は無料で行ってくれるので、一度相談してみると良いと思います。
また、FPに相談することはちょっとと思われる方や、FPに相談する前に自分で勉強して知識を深めておきたいという方や、地元でFPを探すことができないというような方は、インターネットで、住宅ローンの一括比較ができるサイトがあるので、利用してみるといろいろ分かって良いと思います。
インターネットの住宅ローン比較サイトは、誰でも簡単に無料で利用できるので、試してみてもいいでしょう。
おすすめは、こちらです。
住宅ローン一括比較サイト【住宅本舗】

金利が有利な金融機関や住宅ローンのタイプを選ぶ方法

そして、私が最もおすすめする「住宅ローンの金利を抑える方法」は・・・

まず、上記の住宅ローン比較一括サイトで、住宅ローンの比較資料を無料で入手します。
それをもとにして、ファイナンシャルプランナーに相談してみると、住宅ローンの検討材料や比較材料を見ながら住宅ローンの様々な相談ができるので、的確なアドバイスをもらえる可能性がグンと高くなります。
住宅ローンの金利をグンと抑えることもできるかもしれませんので、ぜひ試してみてはいかがでしょう。
無料でできることで、将来の生活がグンと良くなるかもしれないのですから、ダンゼンおすすめします。



以上、今回は「住宅ローンの金利を抑える方法とは?」でした。
次回は、「固定金利と変動金利 どっちがいい?」です。

住宅資金セミナー参加体験記【もくじ】

タイトルとURLをコピーしました