年収から住宅ローンで無理のない月々返済額を見つけるシミュレーター

年収から住宅ローンで無理のない月々返済額を見つける

注文住宅 住宅ローン資金計画シミュレーション

 

年収から住宅ローンで無理のない月々返済額を見つけるためのシミュレーションができます。
算出された返済負担率をもとに、住宅ローンの借入額についてのワンポイントアドバイスを表示します。
借入れ額と頭金を合計した金額を総予算として、注文住宅の建築費用試算のシミュレーションを表示します。

どうぞ、家づくりの費用計画検討にお役立てください。

【使い方】
下の4つの項目に入力(半角数字)して、【計算する】ボタンをクリックしてください。
計算結果は、その下に表示されます。
>>【借入金利参考】フラット35最新金利情報

住宅ローン借入れ条件入力

項目名 入力
年収  万円
返済期間  年間
借入金利  %
頭金  万円

住宅ローンの月々返済額毎の試算

住宅ローンの月々返済額毎の試算の見方
計算結果は、このページを下にスクロールすると見ることができます。
住宅ローンの月々返済額が5万円から25万円(1万円毎)のシミュレーションです。
次の表の月々返済額を選択することで、該当のシミュレーション表示に移動することもできます。

住宅ローンの月々返済額(単位:万円)

5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
住宅ローンの返済負担率をもとにワンポイントアドバイスを表示していますが、金額については分り易くするために万円単位に丸めています。
判定表示については、返済負担率をもとに以下のように設定しています。
返済負担率20%以下 20%を超えて26%未満 26%以上
返済負担率判定〇 返済負担率判定△ 返済負担率判定×

【5万円】の月々返済額の場合

住宅ローン借入れ可能額
月々返済額 返済期間 借入金利 借入れ可能額
5万円 年間 0万円
住宅ローン総返済額と内訳
借入れ 支払利息 総返済額
0万円 0万円 0万円
返済負担率算定
月々返済額 年間返済額 年収 返済負担率
5万円 60万円 0万円 INF%
返済負担率をもとにワンポイントアドバイス

 

返済負担率INF%は、負担率が高すぎるので避けるべきです。

返済負担率は目安として考え、生活費を重視しましょう。

額面年収が0万円の場合、
月収は、0万円(年収) ÷ 12ヶ月 = 0.0万円(月収)
住宅ローンの月々返済額5万円を月収から差し引くと、
0.0万円(月収) - 5万円(月々返済額) = -5.0万円(残金)
ライフスタイルや家族構成は、人それぞれです。
月々の生活費が-5.0万円で、ゆとりある暮らしができるかをよく考えましょう。

総予算から建築費用をシミュレーション(目安)
建築費用の総予算を試算
借入れ 頭金 総予算
0万円 0万円 0万円
建築費用をシミュレーション(目安)
本体工事費 別途工事費 諸費用
0万円 0万円 0万円

【6万円】の月々返済額の場合

住宅ローン借入れ可能額
月々返済額 返済期間 借入金利 借入れ可能額
6万円 年間 0万円
住宅ローン総返済額と内訳
借入れ 支払利息 総返済額
0万円 0万円 0万円
返済負担率算定
月々返済額 年間返済額 年収 返済負担率
6万円 72万円 0万円 INF%
返済負担率をもとにワンポイントアドバイス

 

返済負担率INF%は、負担率が高すぎるので避けるべきです。

返済負担率は目安として考え、生活費を重視しましょう。

額面年収が0万円の場合、
月収は、0万円(年収) ÷ 12ヶ月 = 0.0万円(月収)
住宅ローンの月々返済額6万円を月収から差し引くと、
0.0万円(月収) - 6万円(月々返済額) = -6.0万円(残金)
ライフスタイルや家族構成は、人それぞれです。
月々の生活費が-6.0万円で、ゆとりある暮らしができるかをよく考えましょう。

総予算から建築費用をシミュレーション(目安)
建築費用の総予算を試算
借入れ 頭金 総予算
0万円 0万円 0万円
建築費用をシミュレーション(目安)
本体工事費 別途工事費 諸費用
0万円 0万円 0万円

【7万円】の月々返済額の場合

住宅ローン借入れ可能額
月々返済額 返済期間 借入金利 借入れ可能額
7万円 年間 0万円
住宅ローン総返済額と内訳
借入れ 支払利息 総返済額
0万円 0万円 0万円
返済負担率算定
月々返済額 年間返済額 年収 返済負担率
7万円 84万円 0万円 INF%
返済負担率をもとにワンポイントアドバイス

 

返済負担率INF%は、負担率が高すぎるので避けるべきです。

返済負担率は目安として考え、生活費を重視しましょう。

額面年収が0万円の場合、
月収は、0万円(年収) ÷ 12ヶ月 = 0.0万円(月収)
住宅ローンの月々返済額7万円を月収から差し引くと、
0.0万円(月収) - 7万円(月々返済額) = -7.0万円(残金)
ライフスタイルや家族構成は、人それぞれです。
月々の生活費が-7.0万円で、ゆとりある暮らしができるかをよく考えましょう。

総予算から建築費用をシミュレーション(目安)
建築費用の総予算を試算
借入れ 頭金 総予算
0万円 0万円 0万円
建築費用をシミュレーション(目安)
本体工事費 別途工事費 諸費用
0万円 0万円 0万円

【8万円】の月々返済額の場合

住宅ローン借入れ可能額
月々返済額 返済期間 借入金利 借入れ可能額
8万円 年間 0万円
住宅ローン総返済額と内訳
借入れ 支払利息 総返済額
0万円 0万円 0万円
返済負担率算定
月々返済額 年間返済額 年収 返済負担率
8万円 96万円 0万円 INF%
返済負担率をもとにワンポイントアドバイス

 

返済負担率INF%は、負担率が高すぎるので避けるべきです。

返済負担率は目安として考え、生活費を重視しましょう。

額面年収が0万円の場合、
月収は、0万円(年収) ÷ 12ヶ月 = 0.0万円(月収)
住宅ローンの月々返済額8万円を月収から差し引くと、
0.0万円(月収) - 8万円(月々返済額) = -8.0万円(残金)
ライフスタイルや家族構成は、人それぞれです。
月々の生活費が-8.0万円で、ゆとりある暮らしができるかをよく考えましょう。

総予算から建築費用をシミュレーション(目安)
建築費用の総予算を試算
借入れ 頭金 総予算
0万円 0万円 0万円
建築費用をシミュレーション(目安)
本体工事費 別途工事費 諸費用
0万円 0万円 0万円

【9万円】の月々返済額の場合

住宅ローン借入れ可能額
月々返済額 返済期間 借入金利 借入れ可能額
9万円 年間 0万円
住宅ローン総返済額と内訳
借入れ 支払利息 総返済額
0万円 0万円 0万円
返済負担率算定
月々返済額 年間返済額 年収 返済負担率
9万円 108万円 0万円 INF%
返済負担率をもとにワンポイントアドバイス

 

返済負担率INF%は、負担率が高すぎるので避けるべきです。

返済負担率は目安として考え、生活費を重視しましょう。

額面年収が0万円の場合、
月収は、0万円(年収) ÷ 12ヶ月 = 0.0万円(月収)
住宅ローンの月々返済額9万円を月収から差し引くと、
0.0万円(月収) - 9万円(月々返済額) = -9.0万円(残金)
ライフスタイルや家族構成は、人それぞれです。
月々の生活費が-9.0万円で、ゆとりある暮らしができるかをよく考えましょう。

総予算から建築費用をシミュレーション(目安)
建築費用の総予算を試算
借入れ 頭金 総予算
0万円 0万円 0万円
建築費用をシミュレーション(目安)
本体工事費 別途工事費 諸費用
0万円 0万円 0万円

【10万円】の月々返済額の場合

住宅ローン借入れ可能額
月々返済額 返済期間 借入金利 借入れ可能額
10万円 年間 0万円
住宅ローン総返済額と内訳
借入れ 支払利息 総返済額
0万円 0万円 0万円
返済負担率算定
月々返済額 年間返済額 年収 返済負担率
10万円 120万円 0万円 INF%
返済負担率をもとにワンポイントアドバイス

 

返済負担率INF%は、負担率が高すぎるので避けるべきです。

返済負担率は目安として考え、生活費を重視しましょう。

額面年収が0万円の場合、
月収は、0万円(年収) ÷ 12ヶ月 = 0.0万円(月収)
住宅ローンの月々返済額10万円を月収から差し引くと、
0.0万円(月収) - 10万円(月々返済額) = -10.0万円(残金)
ライフスタイルや家族構成は、人それぞれです。
月々の生活費が-10.0万円で、ゆとりある暮らしができるかをよく考えましょう。

総予算から建築費用をシミュレーション(目安)
建築費用の総予算を試算
借入れ 頭金 総予算
0万円 0万円 0万円
建築費用をシミュレーション(目安)
本体工事費 別途工事費 諸費用
0万円 0万円 0万円

【11万円】の月々返済額の場合

住宅ローン借入れ可能額
月々返済額 返済期間 借入金利 借入れ可能額
11万円 年間 0万円
住宅ローン総返済額と内訳
借入れ 支払利息 総返済額
0万円 0万円 0万円
返済負担率算定
月々返済額 年間返済額 年収 返済負担率
11万円 132万円 0万円 INF%
返済負担率をもとにワンポイントアドバイス

 

返済負担率INF%は、負担率が高すぎるので避けるべきです。

返済負担率は目安として考え、生活費を重視しましょう。

額面年収が0万円の場合、
月収は、0万円(年収) ÷ 12ヶ月 = 0.0万円(月収)
住宅ローンの月々返済額11万円を月収から差し引くと、
0.0万円(月収) - 11万円(月々返済額) = -11.0万円(残金)
ライフスタイルや家族構成は、人それぞれです。
月々の生活費が-11.0万円で、ゆとりある暮らしができるかをよく考えましょう。

総予算から建築費用をシミュレーション(目安)
建築費用の総予算を試算
借入れ 頭金 総予算
0万円 0万円 0万円
建築費用をシミュレーション(目安)
本体工事費 別途工事費 諸費用
0万円 0万円 0万円

【12万円】の月々返済額の場合

住宅ローン借入れ可能額
月々返済額 返済期間 借入金利 借入れ可能額
12万円 年間 0万円
住宅ローン総返済額と内訳
借入れ 支払利息 総返済額
0万円 0万円 0万円
返済負担率算定
月々返済額 年間返済額 年収 返済負担率
12万円 144万円 0万円 INF%
返済負担率をもとにワンポイントアドバイス

 

返済負担率INF%は、負担率が高すぎるので避けるべきです。

返済負担率は目安として考え、生活費を重視しましょう。

額面年収が0万円の場合、
月収は、0万円(年収) ÷ 12ヶ月 = 0.0万円(月収)
住宅ローンの月々返済額12万円を月収から差し引くと、
0.0万円(月収) - 12万円(月々返済額) = -12.0万円(残金)
ライフスタイルや家族構成は、人それぞれです。
月々の生活費が-12.0万円で、ゆとりある暮らしができるかをよく考えましょう。

総予算から建築費用をシミュレーション(目安)
建築費用の総予算を試算
借入れ 頭金 総予算
0万円 0万円 0万円
建築費用をシミュレーション(目安)
本体工事費 別途工事費 諸費用
0万円 0万円 0万円

【13万円】の月々返済額の場合

住宅ローン借入れ可能額
月々返済額 返済期間 借入金利 借入れ可能額
13万円 年間 0万円
住宅ローン総返済額と内訳
借入れ 支払利息 総返済額
0万円 0万円 0万円
返済負担率算定
月々返済額 年間返済額 年収 返済負担率
13万円 156万円 0万円 INF%
返済負担率をもとにワンポイントアドバイス

 

返済負担率INF%は、負担率が高すぎるので避けるべきです。

返済負担率は目安として考え、生活費を重視しましょう。

額面年収が0万円の場合、
月収は、0万円(年収) ÷ 12ヶ月 = 0.0万円(月収)
住宅ローンの月々返済額13万円を月収から差し引くと、
0.0万円(月収) - 13万円(月々返済額) = -13.0万円(残金)
ライフスタイルや家族構成は、人それぞれです。
月々の生活費が-13.0万円で、ゆとりある暮らしができるかをよく考えましょう。

総予算から建築費用をシミュレーション(目安)
建築費用の総予算を試算
借入れ 頭金 総予算
0万円 0万円 0万円
建築費用をシミュレーション(目安)
本体工事費 別途工事費 諸費用
0万円 0万円 0万円

【14万円】の月々返済額の場合

住宅ローン借入れ可能額
月々返済額 返済期間 借入金利 借入れ可能額
14万円 年間 0万円
住宅ローン総返済額と内訳
借入れ 支払利息 総返済額
0万円 0万円 0万円
返済負担率算定
月々返済額 年間返済額 年収 返済負担率
14万円 168万円 0万円 INF%
返済負担率をもとにワンポイントアドバイス

 

返済負担率INF%は、負担率が高すぎるので避けるべきです。

返済負担率は目安として考え、生活費を重視しましょう。

額面年収が0万円の場合、
月収は、0万円(年収) ÷ 12ヶ月 = 0.0万円(月収)
住宅ローンの月々返済額14万円を月収から差し引くと、
0.0万円(月収) - 14万円(月々返済額) = -14.0万円(残金)
ライフスタイルや家族構成は、人それぞれです。
月々の生活費が-14.0万円で、ゆとりある暮らしができるかをよく考えましょう。

総予算から建築費用をシミュレーション(目安)
建築費用の総予算を試算
借入れ 頭金 総予算
0万円 0万円 0万円
建築費用をシミュレーション(目安)
本体工事費 別途工事費 諸費用
0万円 0万円 0万円

【15万円】の月々返済額の場合

住宅ローン借入れ可能額
月々返済額 返済期間 借入金利 借入れ可能額
15万円 年間 0万円
住宅ローン総返済額と内訳
借入れ 支払利息 総返済額
0万円 0万円 0万円
返済負担率算定
月々返済額 年間返済額 年収 返済負担率
15万円 180万円 0万円 INF%
返済負担率をもとにワンポイントアドバイス

 

返済負担率INF%は、負担率が高すぎるので避けるべきです。

返済負担率は目安として考え、生活費を重視しましょう。

額面年収が0万円の場合、
月収は、0万円(年収) ÷ 12ヶ月 = 0.0万円(月収)
住宅ローンの月々返済額15万円を月収から差し引くと、
0.0万円(月収) - 15万円(月々返済額) = -15.0万円(残金)
ライフスタイルや家族構成は、人それぞれです。
月々の生活費が-15.0万円で、ゆとりある暮らしができるかをよく考えましょう。

総予算から建築費用をシミュレーション(目安)
建築費用の総予算を試算
借入れ 頭金 総予算
0万円 0万円 0万円
建築費用をシミュレーション(目安)
本体工事費 別途工事費 諸費用
0万円 0万円 0万円

【16万円】の月々返済額の場合

住宅ローン借入れ可能額
月々返済額 返済期間 借入金利 借入れ可能額
16万円 年間 0万円
住宅ローン総返済額と内訳
借入れ 支払利息 総返済額
0万円 0万円 0万円
返済負担率算定
月々返済額 年間返済額 年収 返済負担率
16万円 192万円 0万円 INF%
返済負担率をもとにワンポイントアドバイス

 

返済負担率INF%は、負担率が高すぎるので避けるべきです。

返済負担率は目安として考え、生活費を重視しましょう。

額面年収が0万円の場合、
月収は、0万円(年収) ÷ 12ヶ月 = 0.0万円(月収)
住宅ローンの月々返済額16万円を月収から差し引くと、
0.0万円(月収) - 16万円(月々返済額) = -16.0万円(残金)
ライフスタイルや家族構成は、人それぞれです。
月々の生活費が-16.0万円で、ゆとりある暮らしができるかをよく考えましょう。

総予算から建築費用をシミュレーション(目安)
建築費用の総予算を試算
借入れ 頭金 総予算
0万円 0万円 0万円
建築費用をシミュレーション(目安)
本体工事費 別途工事費 諸費用
0万円 0万円 0万円

【17万円】の月々返済額の場合

住宅ローン借入れ可能額
月々返済額 返済期間 借入金利 借入れ可能額
17万円 年間 0万円
住宅ローン総返済額と内訳
借入れ 支払利息 総返済額
0万円 0万円 0万円
返済負担率算定
月々返済額 年間返済額 年収 返済負担率
17万円 204万円 0万円 INF%
返済負担率をもとにワンポイントアドバイス

 

返済負担率INF%は、負担率が高すぎるので避けるべきです。

返済負担率は目安として考え、生活費を重視しましょう。

額面年収が0万円の場合、
月収は、0万円(年収) ÷ 12ヶ月 = 0.0万円(月収)
住宅ローンの月々返済額17万円を月収から差し引くと、
0.0万円(月収) - 17万円(月々返済額) = -17.0万円(残金)
ライフスタイルや家族構成は、人それぞれです。
月々の生活費が-17.0万円で、ゆとりある暮らしができるかをよく考えましょう。

総予算から建築費用をシミュレーション(目安)
建築費用の総予算を試算
借入れ 頭金 総予算
0万円 0万円 0万円
建築費用をシミュレーション(目安)
本体工事費 別途工事費 諸費用
0万円 0万円 0万円

【18万円】の月々返済額の場合

住宅ローン借入れ可能額
月々返済額 返済期間 借入金利 借入れ可能額
18万円 年間 0万円
住宅ローン総返済額と内訳
借入れ 支払利息 総返済額
0万円 0万円 0万円
返済負担率算定
月々返済額 年間返済額 年収 返済負担率
18万円 216万円 0万円 INF%
返済負担率をもとにワンポイントアドバイス

 

返済負担率INF%は、負担率が高すぎるので避けるべきです。

返済負担率は目安として考え、生活費を重視しましょう。

額面年収が0万円の場合、
月収は、0万円(年収) ÷ 12ヶ月 = 0.0万円(月収)
住宅ローンの月々返済額18万円を月収から差し引くと、
0.0万円(月収) - 18万円(月々返済額) = -18.0万円(残金)
ライフスタイルや家族構成は、人それぞれです。
月々の生活費が-18.0万円で、ゆとりある暮らしができるかをよく考えましょう。

総予算から建築費用をシミュレーション(目安)
建築費用の総予算を試算
借入れ 頭金 総予算
0万円 0万円 0万円
建築費用をシミュレーション(目安)
本体工事費 別途工事費 諸費用
0万円 0万円 0万円

【19万円】の月々返済額の場合

住宅ローン借入れ可能額
月々返済額 返済期間 借入金利 借入れ可能額
19万円 年間 0万円
住宅ローン総返済額と内訳
借入れ 支払利息 総返済額
0万円 0万円 0万円
返済負担率算定
月々返済額 年間返済額 年収 返済負担率
19万円 228万円 0万円 INF%
返済負担率をもとにワンポイントアドバイス

 

返済負担率INF%は、負担率が高すぎるので避けるべきです。

返済負担率は目安として考え、生活費を重視しましょう。

額面年収が0万円の場合、
月収は、0万円(年収) ÷ 12ヶ月 = 0.0万円(月収)
住宅ローンの月々返済額19万円を月収から差し引くと、
0.0万円(月収) - 19万円(月々返済額) = -19.0万円(残金)
ライフスタイルや家族構成は、人それぞれです。
月々の生活費が-19.0万円で、ゆとりある暮らしができるかをよく考えましょう。

総予算から建築費用をシミュレーション(目安)
建築費用の総予算を試算
借入れ 頭金 総予算
0万円 0万円 0万円
建築費用をシミュレーション(目安)
本体工事費 別途工事費 諸費用
0万円 0万円 0万円

【20万円】の月々返済額の場合

住宅ローン借入れ可能額
月々返済額 返済期間 借入金利 借入れ可能額
20万円 年間 0万円
住宅ローン総返済額と内訳
借入れ 支払利息 総返済額
0万円 0万円 0万円
返済負担率算定
月々返済額 年間返済額 年収 返済負担率
20万円 240万円 0万円 INF%
返済負担率をもとにワンポイントアドバイス

 

返済負担率INF%は、負担率が高すぎるので避けるべきです。

返済負担率は目安として考え、生活費を重視しましょう。

額面年収が0万円の場合、
月収は、0万円(年収) ÷ 12ヶ月 = 0.0万円(月収)
住宅ローンの月々返済額20万円を月収から差し引くと、
0.0万円(月収) - 20万円(月々返済額) = -20.0万円(残金)
ライフスタイルや家族構成は、人それぞれです。
月々の生活費が-20.0万円で、ゆとりある暮らしができるかをよく考えましょう。

総予算から建築費用をシミュレーション(目安)
建築費用の総予算を試算
借入れ 頭金 総予算
0万円 0万円 0万円
建築費用をシミュレーション(目安)
本体工事費 別途工事費 諸費用
0万円 0万円 0万円

【21万円】の月々返済額の場合

住宅ローン借入れ可能額
月々返済額 返済期間 借入金利 借入れ可能額
21万円 年間 0万円
住宅ローン総返済額と内訳
借入れ 支払利息 総返済額
0万円 0万円 0万円
返済負担率算定
月々返済額 年間返済額 年収 返済負担率
21万円 252万円 0万円 INF%
返済負担率をもとにワンポイントアドバイス

 

返済負担率INF%は、負担率が高すぎるので避けるべきです。

返済負担率は目安として考え、生活費を重視しましょう。

額面年収が0万円の場合、
月収は、0万円(年収) ÷ 12ヶ月 = 0.0万円(月収)
住宅ローンの月々返済額21万円を月収から差し引くと、
0.0万円(月収) - 21万円(月々返済額) = -21.0万円(残金)
ライフスタイルや家族構成は、人それぞれです。
月々の生活費が-21.0万円で、ゆとりある暮らしができるかをよく考えましょう。

総予算から建築費用をシミュレーション(目安)
建築費用の総予算を試算
借入れ 頭金 総予算
0万円 0万円 0万円
建築費用をシミュレーション(目安)
本体工事費 別途工事費 諸費用
0万円 0万円 0万円

【22万円】の月々返済額の場合

住宅ローン借入れ可能額
月々返済額 返済期間 借入金利 借入れ可能額
22万円 年間 0万円
住宅ローン総返済額と内訳
借入れ 支払利息 総返済額
0万円 0万円 0万円
返済負担率算定
月々返済額 年間返済額 年収 返済負担率
22万円 264万円 0万円 INF%
返済負担率をもとにワンポイントアドバイス

 

返済負担率INF%は、負担率が高すぎるので避けるべきです。

返済負担率は目安として考え、生活費を重視しましょう。

額面年収が0万円の場合、
月収は、0万円(年収) ÷ 12ヶ月 = 0.0万円(月収)
住宅ローンの月々返済額22万円を月収から差し引くと、
0.0万円(月収) - 22万円(月々返済額) = -22.0万円(残金)
ライフスタイルや家族構成は、人それぞれです。
月々の生活費が-22.0万円で、ゆとりある暮らしができるかをよく考えましょう。

総予算から建築費用をシミュレーション(目安)
建築費用の総予算を試算
借入れ 頭金 総予算
0万円 0万円 0万円
建築費用をシミュレーション(目安)
本体工事費 別途工事費 諸費用
0万円 0万円 0万円

【23万円】の月々返済額の場合

住宅ローン借入れ可能額
月々返済額 返済期間 借入金利 借入れ可能額
23万円 年間 0万円
住宅ローン総返済額と内訳
借入れ 支払利息 総返済額
0万円 0万円 0万円
返済負担率算定
月々返済額 年間返済額 年収 返済負担率
23万円 276万円 0万円 INF%
返済負担率をもとにワンポイントアドバイス

 

返済負担率INF%は、負担率が高すぎるので避けるべきです。

返済負担率は目安として考え、生活費を重視しましょう。

額面年収が0万円の場合、
月収は、0万円(年収) ÷ 12ヶ月 = 0.0万円(月収)
住宅ローンの月々返済額23万円を月収から差し引くと、
0.0万円(月収) - 23万円(月々返済額) = -23.0万円(残金)
ライフスタイルや家族構成は、人それぞれです。
月々の生活費が-23.0万円で、ゆとりある暮らしができるかをよく考えましょう。

総予算から建築費用をシミュレーション(目安)
建築費用の総予算を試算
借入れ 頭金 総予算
0万円 0万円 0万円
建築費用をシミュレーション(目安)
本体工事費 別途工事費 諸費用
0万円 0万円 0万円

【24万円】の月々返済額の場合

住宅ローン借入れ可能額
月々返済額 返済期間 借入金利 借入れ可能額
24万円 年間 0万円
住宅ローン総返済額と内訳
借入れ 支払利息 総返済額
0万円 0万円 0万円
返済負担率算定
月々返済額 年間返済額 年収 返済負担率
24万円 288万円 0万円 INF%
返済負担率をもとにワンポイントアドバイス

 

返済負担率INF%は、負担率が高すぎるので避けるべきです。

返済負担率は目安として考え、生活費を重視しましょう。

額面年収が0万円の場合、
月収は、0万円(年収) ÷ 12ヶ月 = 0.0万円(月収)
住宅ローンの月々返済額24万円を月収から差し引くと、
0.0万円(月収) - 24万円(月々返済額) = -24.0万円(残金)
ライフスタイルや家族構成は、人それぞれです。
月々の生活費が-24.0万円で、ゆとりある暮らしができるかをよく考えましょう。

総予算から建築費用をシミュレーション(目安)
建築費用の総予算を試算
借入れ 頭金 総予算
0万円 0万円 0万円
建築費用をシミュレーション(目安)
本体工事費 別途工事費 諸費用
0万円 0万円 0万円

【25万円】の月々返済額の場合

住宅ローン借入れ可能額
月々返済額 返済期間 借入金利 借入れ可能額
25万円 年間 0万円
住宅ローン総返済額と内訳
借入れ 支払利息 総返済額
0万円 0万円 0万円
返済負担率算定
月々返済額 年間返済額 年収 返済負担率
25万円 300万円 0万円 INF%
返済負担率をもとにワンポイントアドバイス

 

返済負担率INF%は、負担率が高すぎるので避けるべきです。

返済負担率は目安として考え、生活費を重視しましょう。

額面年収が0万円の場合、
月収は、0万円(年収) ÷ 12ヶ月 = 0.0万円(月収)
住宅ローンの月々返済額25万円を月収から差し引くと、
0.0万円(月収) - 25万円(月々返済額) = -25.0万円(残金)
ライフスタイルや家族構成は、人それぞれです。
月々の生活費が-25.0万円で、ゆとりある暮らしができるかをよく考えましょう。

総予算から建築費用をシミュレーション(目安)
建築費用の総予算を試算
借入れ 頭金 総予算
0万円 0万円 0万円
建築費用をシミュレーション(目安)
本体工事費 別途工事費 諸費用
0万円 0万円 0万円

 

建築費用の算出方法について

家づくりにかかる総費用は、基本的に「本体工事費」「別途工事費」「諸費用」の3つの要素で構成されています。
このシミュレーションでは、総予算を総費用として3つの要素を次の割合で試算しています。
シミュレーション結果は、あくまで目安としてお考えください。

建築費用の資金計画計算方法
本体工事費 = 総予算 × 70%
別途工事費 = 総予算 × 20%
諸費用 = 総予算 × 10%